院長ブログ

2013.10.09

これからの重要な疾患について

21世紀もすでに13年が過ぎ去った今、京都大学の山中教授をはじめとして、多くの医学者達は、今までの治療法では解決できなかった疾患に対して、細胞レベルを再構築するという手法で、新しいかつ安全な治療を行おうとしているが、精神疾患以外で、今後の重要な疾患として注目すべきは、「糖尿病、肥満症、ガン、慢性閉塞性肺疾患、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎」が挙げられると思う。

この中でも「糖尿病」と「肥満症」は今まで行われてきた栄養管理や食事指導、運動療法指導などの内科的な方法から、「内視鏡による胃スリーブ形成切断術」と「ルーワイ吻合再建術」の併用術に変わっていくように思われる。内科的なアプローチから外科的なアプローチへの発展である。

実際、肥満症の多い「アメリカ」では、もはや、B.M.I.が37.5以上の患者で、HgA1cが8.0以上の患者には、まず、上記のような手術が第一選択となっているのである。昔、大関をしておられた「小錦」さんもこの手術を受けられた。その結果、104kgの減量に成功しておられる。

悲しいかな、現在、日本では、この一連の手術には、「健康保険」の適応がない。さらには、この手術を内視鏡で実施している医師は極めて少ないのである。ただし、この手術の達人は存在しておられるし、実際に多くの手術症例ももっておられる。大阪には、その弟子さんがいるらしい。一度、お会いしてみたいものである。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

診療カレンダー

2018年08月
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2018年09月
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
2018年10月
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
 土曜日午後、日曜日、祝祭日は
クリニックはお休みです。
予めご了承下さいませ。
8月のお盆休みは、8月11日から
15日までの間です。
8月16日木曜日からは、通常診療
態勢に戻ります。
 

カテゴリーリスト

フィード

ブログ内検索

クリニックのご案内

(医) 五常会 浅野クリニック
〒557-0042
大阪市西成区岸里東1-8-11

  • TEL:06-6661-7129
  • FAX:06-6661-2120
  • MAIL:gojou-asanocl@hotmail.co.jp