院長ブログ

2017.08.02

どうも今のⅡ型糖尿病治療は間違っている?!

  世の中のⅡ型糖尿病の医師による治療特に食餌療法指導は、
日本では、どうも世界の流れからは、取り残されているように思えます。
カロリーコントロールも大切ではありますが、なによりも、糖質コントロールをすべきでしょう、と思っています。
先天的もしくは、感染症などでインスリンが膵臓から出なくなったⅠ型糖尿病では、インスリンは必須の治療薬です。
しかしながら、後天的なⅡ型糖尿病の患者様は、インスリンが枯渇していない状態が確認できたら、
まずは、充分な糖質制限をすることが必要だと考えています。
ところが、日本人は、お米を主食にするために、確かに糖質制限は、なかなかシビアです。
特に関西人にとっては、お米や麺類、小麦粉、砂糖をやめるのは、つらいことでしょう。
でも、肉や卵、魚、チース、糖分を含まないヨーグルト、豆腐などの大豆製品が主体と考えればいいのです。
カロリー制限をすると、脂質コントロールをされるので、
老化と共に、認知症がおこってきやすくなります。これは、脳細胞での脂肪の不足が原因と考えられているのです。
ガン患者では、糖質をとると、再発や他の臓器への転移、リンパ節転移が起こりやすくなるのです。
なにせガン細胞は、ブドウ糖を多量に取り込んで、細胞を異常増殖するからです。
まずは、医師の元での、正しい糖質制限が大切です。一度、当院で指導を受けてみませんか?

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

診療カレンダー

2018年10月
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
2018年11月
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
2018年12月
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 土曜日午後、日曜日、祝祭日は
クリニックはお休みです。
予めご了承下さいませ。
なお、平成30年10月24日水曜日
は、院長が学術会議に出張のため
に、全日、臨時休診とさせて
頂きます。
 

カテゴリーリスト

フィード

ブログ内検索

クリニックのご案内

(医) 五常会 浅野クリニック
〒557-0042
大阪市西成区岸里東1-8-11

  • TEL:06-6661-7129
  • FAX:06-6661-2120
  • MAIL:gojou-asanocl@hotmail.co.jp